縦型円筒貯蔵タンク

縦型円筒貯蔵タンク

LNGサテライト基地向け小型低温貯蔵タンク

LNGサテライト基地は小型LNG貯蔵タンク及び各種付帯設備で構成されます。
TKKは世界市場での豊富な経験とノウハウを活かした小型LNGタンクを提供することで拡大する消費者向けLNGビジネスを支えます。

LNGサテライト基地向け小型低温貯蔵タンク

タンク構造のご紹介

タンク構造のご紹介

構造

  • 極低温用鋼板の内槽と炭素鋼の外槽の二重構造。
  • 内外槽間はパーライト等の保冷材を充填。

用途

  • LNG(-162℃)や液化産業ガスLO2(-183℃), LN2(-196℃)など極低温の液体を貯蔵します。

特徴

縦型円筒貯蔵タンクは平底円筒形貯槽と比べて以下の優位性があります。

  • 高圧力設計が可能となり、BOG*処理に余裕度が増します。
  • 納期、建設費ともに節減できます。
  • 縦型なので省スペース。

* BOG: ボイルオフガス

TKKの縦型円筒貯蔵タンク

現場組立工法及び工場組立工法

現場組立工法

  • 一般的な工法。TKKは国内外で数多くの現場組立工法の実績があり、サイズの制限なく納入することが可能です。

工場組立工法

  • 現場作業期間を短縮する方法のひとつです。弊社工場でタンクを完成させますので、現地の地盤・基礎工事等の土木工程に影響されることなくお客様のご希望時期にタンクを搬入、設置できます。

設計標準化タンク

  • 500m3から4,000m3までの容量の標準設計をご用意しておりますので短納期、建設総コストの節減にお応えすることが可能です。

標準設計タンク ラインナップ(LNG仕様・国際規格対応)

上記ラインナップ以外の適用規格、容量(150~5000m3)についても、オーダーメイドでの対応が可能です。