本格的な製品開発へのステップとして、パーツをテストする試験機の開発に取り組む。

プロフィール

開発部技術革新グループ Y.O

大学院理工学研究科電気電子情報工学専攻修了、2016年入社

新しい製品の開発や既存品の改善を行う部署。

画像

お客様の要望に対し、既存設備で対応できない場合や、特殊な機構で動かさなければならない場合に新しく製品を開発。また、現場から寄せられる不具合や使いにくさなどの声を拾い上げ、既存品を改善する――これが、私たち開発部技術革新グループのミッションです。

現在、私は、試験機の開発に取り組んでいます。物流システムの仕分け装置に使われるパーツをテストするための装置です。どのようなテストを行うか、どのくらいの期間が必要かから考え、それに応じた試験機を製作します。さらに、実際に使われる環境を再現し、基本性能や耐久性などが、きちんと仕様を満たすかどうかまでを判断します。

物流システムはお客様の心臓部。すぐに壊れることは許されない。

画像

試験工程は製品開発に不可欠です。物流システムはお客様の心臓部を担うものであり、導入してすぐに壊れるなんてことは許されません。だからこそ、試験機を開発、パーツ単位で試験を繰り返し、OKが出たものだけを製品に使っていきます。

製品の開発ではありませんが、アイデアスケッチから始めて、CADソフトで設計図の全体図を書き終えたときは達成感を感じます。設計したものが組み上がったときの喜びも、もちろん大きいですね。ただ、自分でつくったからこそ使いづらさも分かります。つくる前には想定していなかった課題もどんどん見つかるので、反省のほうが多いかもしれません。

現場の声を製品に反映していくことで製品の更なる進化を目指す。

画像

「現場に行かないとわからない」は、先輩たちの口癖です。実際に、現場から挙がってくる声は、現場経験がないと実感できないと思いますし、私たちが開発した製品は、現場で働く方々のご協力によって、初めてお客様に提供できるものです。現場の意見、経験を製品開発に反映することで、製品の更なる進化が望めます。だから、今は、物流センターで現場経験を積みたいと思っています。

現在の仕事は、本格的な製品開発へのステップだと考えています。今後は、パーツを使った装置全体をテストする業務を、そして、製品の開発そのものを手掛けていくことになるでしょう。製品を開発するためには、物事を俯瞰して見る力や検証を繰り返す力、そして、たくさんの要素や装置と関わる力が必要だと考えています。今の仕事を通じて、視野を広く取り、どんな問題があり、どういう風に進めれば解決できるか、まとめあげる力を身につけていきたいですね。