二つの会社の事務を担当する総務が考える、「トーヨーカネツ、トーヨーカネツソリューションズってこんな雰囲気」。

プロフィール

総務・人事部総務グループ M.S

商学部商業・貿易学科卒、2011年入社

トーヨーカネツとトーヨーカネツソリューションズの給与を担当。

画像

トーヨーカネツ、トーヨーカネツソリューションズの計600名分の給与計算業務を担当しています。

月ごとにある給与計算、年2回の賞与の処理、そして、税務署への申告時期が決まっている年末調整など、日・月・時期でいろいろな事務処理を行っています。社員から寄せられる給与や税金に関する質問に答えるのも仕事の一つです。

給与計算業務の他にも出張などにかかったお金を処理する小口精算業務を行っています。具体的には、精算書の内容のチェックと、入力担当者が入力したものと精算書の内容が合っているかを確認するのが仕事です。二社ともに、国内外問わず出張が多いので、毎日大量の精算書を処理しなければなりません。

大量の事務処理を期限内に終わらせたときは、大きな達成感。

画像

膨大な事務処理を、ミスなく、迅速にやらなければなりません。毎日の精算業務や毎月の給与計算に、賞与や年末調整が重なるときは、やっぱり忙しいですね。だからこそ、年末調整など大量の作業を期限内に処理できたときは、大きな達成感があります。

先輩から仕事を引き継ぎ、主担当となり3年目。現在は、業務知識を深めようと資格取得に向けて勉強中です。将来的には、他の事業部のことも知り、いろいろな視点で物事を考えられるようになれたらと思っています。

伝統を尊重するトーヨーカネツ。トレンドに敏感なトーヨーカネツソリューションズ。

画像

トーヨーカネツ、トーヨーカネツソリューションズ、いずれの社員とも日常的に関わることがあります。二つの会社は、働く人たちや風土に、少し違いがあるように思っています。

トーヨーカネツがつくっているタンク・プラントは、歴史も古く、一度つくると長く使われるのが特徴。そのためか、伝統を尊重して、じっくり仕事に取り組む人が多い気がします。また、金額の大きい仕事をこなし、国内外の現場でいろいろな経験を積むことも多いためか、肝が据わった、落ち着いた人が多いと思います。年齢の高いベテランが、長く第一線で活躍しているのも特徴かもしれません。

一方、トーヨーカネツソリューションズが扱うのは、目まぐるしく変化している物流システムです。新しい技術もどんどん取り入れなければならないし、プロジェクトのスピードも速い。だから、ビジネストレンドに常にアンテナを張り、フットワーク軽く行動する人が多いと感じています。