LNG輸入国における実績

所在地大阪府堺市
タンクの種類地上式PC(プレストレスト コンクリート)外槽二重殻タンク
容量23万KL
内容物LNG(液化天然ガス)
竣工年2015年
特徴世界最大容量となる23万KLタンク(外径約91m、高さ約60m)。LNGを貯蔵する鋼材として世界で初めて7%ニッケル-TMCP(熱加工制御圧延法)鋼を採用しました。関係会社との共同開発をし、従来から用いられてきた9%ニッケル鋼と同等の強度と靱性を持ちながら、高価なレアメタルであるニッケルの使用量を約2割削減しており、LNGタンク用の鋼材としては半世紀ぶりの技術革新となる画期的なものです。

その他の事例