トーヨーカネツの強み

その歴史は、日本のインフラ事業の発展そのもの。

私たちは、東洋火熱工業株式会社として1941年に創業、工業窯炉の製造・販売から機械・プラント事業をスタートさせました。

戦後復興期の1950年にはリベット式タンクに代わる全溶接タンクを日本で初めて製造・販売。
たちまち常温貯蔵タンクのトップクラス企業へと成長しました。
1958年には日本初のAPI(米国石油協会)認定工場に指定。
高度経済成長期に石油などエネルギーの安定供給に対する需要が高まると、いち早く海外進出を果たし、中東やアジアで数多くのタンクを製造しました。
クリーンエネルギーとしてLNG(液化天然ガス)が注目され始めた1969年には、ブルネイ・ダルサラーム国でLNG(極低温貯蔵)タンクを製造。これにより、常温から極低温貯蔵のタンクまでを製造できるメーカーへと成長を遂げています。

現在までに国内外で製造したタンクは5,700基。海外での製造数は業界No.1です。LNGタンクのシェアでも国内No.2。メンテナンス事業では国内No.1の地位を獲得しています。

一方、1955年に製造・販売をスタートした物流システム事業は、荷物・ユーザー・運用者に優しい製品が好評を博し、事業を急拡大させました。1971年に福岡空港に提供した手荷物搬送システムは、現在、国内65カ所、世界17カ国の空港に納入され、国内シェアは9割を超えます。1981年に日本で初めて開発・販売したデジタルピッキングシステムは、生協業界を支え続け、現在もシェア7割、No.1のポジションを維持しています。

近年では、成長著しいインターネット通販などEC分野も手掛け、多くの企業の心臓部を支えています。

数々の先駆的な試みと、国内外の豊富な実績が培った技術力。

創業以来、私たちは先駆的な試みを数多く手掛け、様々な技術を身につけていきました。

機械・プラント事業におけるコア技術は溶接技術。機械を用いた自動溶接にも、
機械・溶剤メーカーと三位一体で早くから開発に取り組み、高い技術を蓄積してきました。
現在主流となったタンク屋根建設の「エアレイジング」などの施工方法も、もともと私たちが特許を取得していたものです。

国内のみならず海外での製造実績が多いことも、大きなアドバンテージをもたらしています。
国内外で大きく異なるレギュレーションの違いに対応できるだけでなく、
日本の厳しい基準をクリアした高品位なタンクを海外に提供することも、海外の先進的な取組を日本へ導入することも可能。

また、現在では、インドネシア・バタムにJIS規格製品を製造できる生産基地を持ち、
高品質ながらコストを抑えたタンク製造も実現しています。

製造経験の差はメンテナンス技術の差にも表れ、自社製造タンクはもちろん、
他社がつくったあらゆるタンクにも対応可能です。

お客様と、パートナー企業と、共に歩むというスタンス。

こうした強みは、私たち一社で形成したものではありません。
私たちは、お客様やパートナー企業と協業することで、大きく成長を遂げてきました。

例えば、総合商社のタンク製造のエンジニアリングパートナーとしてその海外進出を支え、私たちも様々な技術・ノウハウを蓄積しました。また、国内外のエンジニアリング会社、ゼネコンとコラボレーションをすることで技術的相互補完をすると共に、事業領域の拡大を果たしていきました。

物流システム事業においては、お客様のビジネスを徹底して学び、深く理解をして協働することは競合優位性の一つ。「製品ではなく機能を売る」をスタンスに、お客様の事業のビジョンから各物流拠点での運用ノウハウまでを把握しながら、変化の速いビジネス環境への対応を一緒に模索、数々のイノベーションを実現しています。

機械・プラントの製造現場で溶接や組立、重機オペレーションの実務を行うパートナー企業とは、戦後すぐから国の内外を問わず、様々な現場で苦楽を共にしてきました。作業者への自動溶接などの工法指導のみならず、監督者として現場を導くようになるまでの技術者育成を日本のみならず海外でも実施。高品位なタンク製造は、高いスキルの技術者たちと築いた厚い信頼関係により実現したものです。

遠隔溶接、水素タンク、IoT、AR...
新しい領域にチャレンジ、インフラを支え続ける。

創業以来培ってきたチャレンジ精神は、今もDNAとして受け継がれています。

機械・プラント事業のコアである溶接技術は、自動溶接から遠隔溶接へと進化。
現場作業員を一人も介さず、現場から離れた事務所で質の高い工事を24時間進める
――そんな未来を実現させようとしています。

また、本格的な水素社会の到来を先取りし、電力会社などでの利用が期待される
大型水素貯蔵タンクの開発も、東京工業大学と協力しながら始めています。

物流システム事業では、IoT領域の取組としてRFIDの衣料分野への活用、ロボットを活用した物流現場の省人化、
AR(拡張現実)を活用したミスのない効率的なピッキングの仕組みづくりなどに着手。
どれも、遠くない将来に実用化を予定しています。

新しいチャレンジを重ねながら、これからも私たちは進化し続けます。
しかし、社会のインフラを支え続けるというミッションは不変です。
エネルギーの主役が変わっても、物流の進化がビジネスや社会を変えていっても。

トーヨーカネツは、これからもインフラを支え続け、それによって社会に貢献していきます。